05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

アクアラインマラソン レポ その3

2014年 10月23日 22:03 (木)

21km地点を迎えると、ハーフとの分岐点が出現。こんちくしょう、とまだ道程半ばの時点でeランプがパカパカ灯り始めた我が脚に呪詛を呟く。いくらなんでも早い、早過ぎだよ...。

そんな暗い気持ちを吹き飛ばしてくれたのは、おー、つくさ~ん!!
私を発見するなり、笑顔でささっと後方に移動される挙措動作からしてすでにお速い方だ(^^)。


(つくスポーツ提供)

俄然、元気が出る。
ありがとうございました!

27kmくらいだっただろうか、eランプが完全に点灯しっぱなしになった。絶望、この脚であと15kmってどんな仕打ちだよ...。スタートから3時間が経過し、多分その日の最高気温が記録された頃、もはやゾンビだ、バタリアンだ、タールマンだ、と支離滅裂な思考が頭を過る。

人間とゾンビの狭間を行き来しかけた時、正気に引き戻してくれるのは、スタート時から引き続くひっきりなしの応援だった。応援される方々も暑いだろうに、更に熱い応援でランナーを励ましてくれる。感謝感謝感謝♫(もち、五郎風で)

30km地点、、、あれは青空に輝く☆?とうとう幻覚か?


(Proさん、写真お借りしました。)

いや現実だ、Proceed2600さんだ!

実は☆で応援していただいたのは、3月のはなももマラソンに次いで2度目。もう感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。流れ星にお願いするように、完走完走完走と3度呟き、先へ進む。


(プロシードスポーツ提供)

しかしながらやはりガソリン切れ間近の脚、以降は断続的に歩いてしまう。もうほんとに無理だ、無理だ、無理だと心で叫びまくる。だけれども、35km地点にはメテオデさんが居てくれてるはずだ。レース前にアーモンドチョコをいただく約束もしているけど、さすがに遅くなったのでもういらっしゃらないかな(T_T)、と厳しい坂道を進んで行くと、沿道にミッキー発見、間違いない、メテオデさんだ!!

もはや何を言ったかよく覚えていないくらい朦朧状態だったけど、太腿裏に施してもらったエアーサロンパスの気持ち良さとアーモンドチョコの美味しさだけは明瞭に記憶している。ありがとうございます。

ここからは坂との戦い。
繰り返し襲ってくるえげつない勾配。ここでも救ってくれるのは絶え間ない応援だった。私に向けての声援、いや頭上のジバニャンへの声援だ。ある意味、人生において最も声援を浴びたかもしれない。猫力本願だ(^^)。

絶え間なくジリジリ照りつける太陽、血が沸騰してくるような錯覚の最中、35km付近での千葉物産エイドでいただいた房総麦茶は、ものすっごい冷たくて美味しくて、ついつい2杯。今度"房の駅"で買ってみよう。これまたよく冷えたミニトマトも美味かった。

たしかその後のエイドだったと記憶しているけど、半冷凍のブルーベリー!!、数ある美味しいものの中でもこれは今レース随一の美味しさだった。もし次レースのエイドで、フォアグラとトリュフとキャビアとブルーベリーが並んでいたならば、他に一瞥もくれることなくブルーベリーを選択するくらい美味かった。ありがとうございます。

最後の坂をクリアして40kmを過ぎ、市街地へ入るにしたがって、更に熱を帯びる応援。これだけあたたかい応援の中、走らない訳には行かんでしょってことで、先程まで共に歩いていた周りのランナーも気づくと一様に走っている。皆さん既に体力ギリギリの筈なのに、やはり応援の力って凄い。

おかげさまで、死守目標であるネットタイムでサブ5も、やっと現実的になってきた。が、油断すると攣りそうな脚なので、必死に、もがくように走る。さなやーんとお会いしたのはこの辺りだったか。お互いを励まし合う。

フィニッシュが見えてきた。もうサブ5は大丈夫そうだ。

まもなくやっと立ち止まれる、やっとへたりこめる、ちめたいビールが飲めるっっ、........ゴール、なんとか辿りついた。






もう1回つづきます



※現在、京都滞在中です。



最後の"ちめたい"って、ご存知の通り"冷たい"って意味ですが、これって京ことばなのだそうです。














スポンサーサイト
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

アクアラインマラソンレポ その2

2014年 10月22日 21:13 (水)

スタートゲートを潜って、さあ長いレースの始まり。大声援の中を進みます。ありがたいことです。まあ、過去に出たレースもスタート直後は応援が多かったな、と思いつつ走る。

が、嬉しい誤算。応援が途切れません。なにこの素晴らしいおもてなし。これはちょっと調子にのってスピード上がっちゃうパターンか?いえ、やはり出走者数1万7千人は大群衆です。しばらくは人が詰まっていてペースが作れませんでした。もっとも、結果的にはゆっくりペースで正解。ゾンビになるタイミングを少しだけ先延ばしにすることができたかなと思われます。

しっかし暑いな。常時強い日差しが右半身を照りつける。まあでも脚は動いている。km6分overで行けば大丈夫だろう、と持ち前の楽観思考で流れに身を任せる。

5km地点くらいでしたかね、沿道のメテオデさんを発見!やはり自分を知ってくれている方からの応援は本当に嬉しい。気分はアゲアゲだ。(←死語?)



8km頃、いよいよ今レースのメインディッシュ、アクアラインへ突入だ。

考えてみると、アクアラインじゃなくても走って(歩いて)高速のインターチェンジを通過するのって初体験だ、そりゃそうだ。稀有な体験にまた一層気分が盛り上がる。





うほー、なんだこれ(((o(*゚▽゚*)o)))。

雲ひとつない青空と穏やかな蒼海の境に伸びる一本の道上に、色彩豊かなランナーのカラフルなウェアが散りばめられている。この浮世離れした光景の一部に自分が含まれていることが実に痛快だ。





折り返しの海ほたるが近づき、まもなくして通過。ここでもまた一段と賑やかな応援、特に自衛隊員さんの野太い声援に元気をもらう。



復路、これもまた壮大な光景。
陸地に向かって進む人々の群れ。
なぜかここで唐突に、モーゼの十戒が思い浮かんだ。

ふと左の海を見下ろすと、



わかりにくいですが、ジェットスキー集団からの声援が!海面を跳ねるパフォーマンスのサービス付き。
時を同じくして、左手上空から爆音が轟く。



うはー、自衛隊ヘリの編隊だ!o(≧▽≦)o



もうなんなのでしょうか、このおもてなしっぷりったら。本気出した千葉県は凄いぞ!!!



アクアラインを渡り終えた時点で20km弱でしょうか、まだまだ興奮冷めやらぬハイテンション状態ではありましたが、暑さとアクアライン上の坂往復で被ったダメージは、着々と脚のスタミナを蝕んでいました。



つづく



※ちなみに、先週に引き続きまたまた大阪に来ています。

食事制限していた先週の反動か、



夕食は粉もんダブル。
やっぱ美味いです。



こんなお店で買いました。


.....明朝は走ろう。







↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

アクアラインマラソンレポ その1

2014年 10月22日 01:32 (水)



あれほど苦しかった先日のアクアラインマラソンでしたが、今日になって徐々に完走できたこと、というか出走できたことの喜びがどんどん大きくなってきました。まあ、3度目のフルマラソンでワーストタイムだったのは勿論悔しいのですが、月並ですけど記録よりも記憶に残る大会だったと思います。



素晴らしい大会を振り返ります。

まずは、本日jognoteの鈍足親父さんからの情報で調べてみたタイム。



ネットタイムでなんとか5時間切れてました。

次にラップタイム。








辛うじて5分台に乗っかったラップがあった。また10分台に乗ったラップがなかったことは数少ない収穫。何度も歩いてしまったけど、立ち止まりだけはしなかった。まあ、立ち止まってしまったら、もはや前に進めないと思ったので。

っって、いきなり記憶より記録から始めてしまったσ(^_^;)。


さてスタート前。



雲ひとつない青空に響き渡る元団長キミ兄さんの素晴らしいエール。気づくと暑いのにブツブツっと腕に鳥肌が下りてきて、ブルブルって武者震い。気合い入りました。

ギリギリに駆け付けて下さったひこさんも加わって、



なんと13名のランナー + SWAT並の肉体を駆使し潜入を果たしたmoto隊員と、合わせてブロガー14名で恒例の1枚。スタートに向けて俄然気持ちが盛り上がりました。ありがとうございます。

ここで改めて、今回のスタートゲート集合の呼び掛けに際して、途中にゼッケンチェックがあることを想定しておらず、せっかくお越しいただいたのにご迷惑をお掛けしてしまいました、

むーみんさん、けいすさん、

そして応援に駆け付けてくれた

つくさん、

大変申し訳ありませんでした。
その後なんとかお会いすることが出来て、嬉しかったです。


儀式の後、それぞれのスタートブロックへ向かう面々。特にBJさん、気合い充実されているご様子。手の甲には、ラップが詳細に記載されていました。

同じブロックのF-run夫妻と共に、スタートから遠い遠いGブロックへ向かう。その間は大勢のツワモノランナーで埋めつくされていて、こりゃあゲートくぐるまで何分掛かるんだろう?グロスで記録を考えちゃダメだな、とか思ってた記憶がある。

しばらくしてGブロックに到着後、まもなくして、お~、けいすさん!
事前に同ブロックなのを聞いていたので、お会いできてホッとする。



Gブロック衆でも1枚撮っておく。

F-run夫妻、けいすさん、私、と4人で固まり、たぶん喧騒の最中であろうスタートの嬌声はほとんど聞こえてこない中、なんとなく列が動いて号砲が鳴らされたことに気付く。ゆるい会話を交わしつつスタートゲートに進む4人が、まさか後に、

Team G (Gekitin)

を結成することになろうとは、まだ知る由もなかった。



つづく








↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【遅報】アクアラインマラソン結果

2014年 10月19日 21:00 (日)

いきなり言い訳画像から、



ノースリーブ着用の肩です。
ほぼ5時間でこの日焼けでした。
7月の葛西7を彷彿とさせる日差しの中、暑かったのでペースを落としハーフ通過2時間10分くらいで行ったのにも関わらず、



アクアラインの高低差で脚を使い果たして、25km過ぎから撃沈一直線へ。歩きを交えつつ、なんとかネットでサブ5を死守しゴールしました。


しかしながら、



アクアラインはこの上なく爽快。
そして常時賑やかで熱い応援。



こやつにもたくさん応援をいただきました。

あらためまして大会関係者の皆様、街をあげての応援団の皆様、共に走った皆様、そしてレース前の多忙な朝の時間にエール交換に参加していただいたブロガーの皆様(motoさん&合流が叶わなかった3名様を含む)、



心からありがとうございます!


最後にSpecial Thanks、

メテオデさん
つくさん
Proceed2600さん
(お会いした順)

ありがとうございました!
皆さんのお陰で、キツい中諦めずに完走することができました(^^)。

レポは明日以降で。
とにかくバテてます。

↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。