07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

おんじゅくオーシャントレイル5kmで息子と勝負してきた後編

2017年 02月08日 23:28 (水)

「おんじゅくオーシャントレイル10マイルレース」主催?されている"NPO法人おんじゅくDE元気"さんのfacebookページにこんな記事がシェアされていた。



そういえばカメラマンがあちこちにいた。更にトレイル区間においては、カメラマンの方に「後ろから撮影しても良いですか?」と尋ねられたので、もちろん快諾。しばらく私の後を走って付いて来られていた。これは、も、もしや、カットされていなければ、激沈上等の後姿がゴールデンタイムの日テレにオンエアされるかも!!いやいやいや、ほぼ走ってるか歩いてるかわからない、およそトレランには不向きなぽっちゃり&カッパヘアなおっさんなんて、カットされるに決まってるよ。いやはや一瞬だけ夢を見た(笑)。まあ一応念のため、録画予約済みですけどw。





さてレポの続き。

鏑木さんとの邂逅後、まもなくトレイル区間へ突入。ここは"サンドスキー場跡"と言うだけあって急勾配だ。一息つく暇なし。まだ行程の半分くらいだが、止まらない汗が目にしみる。

その後、しばらくしてまたロードに戻る。下り基調だったか。ここでやっと一息。

少ししてまたトレイル区間へ入る。たしかこのタイミングで↑のカメラマンに声を掛けられた。この辺は藪の中の細い一本道を進んでいたのだが、その時前方から猛烈な勢いで走るランナーとすれ違った。あぁそうだ、たしか30分前にスタートした10マイルレースでは、終盤反対周りで同じコース通るんだっけか、と思い出した。それにしても凄いスピードだった。トレイルなのにほぼ平地の速い人な感じ。

これは後で知ったのだが、そりゃあ速くて当然、あの先頭ですれ違ったランナーはなんと今年の箱根駅伝10区で区間賞を取った順天堂大の作田選手だったのである。勿論10マイルレース優勝され、なんとタイムは1時間カット!(2位のランナーまでが1時間切りでした)。凄すぎて理解が追いつかない(笑)。




レポの続きに戻りますね。

藪やら隧道やらをくぐり抜け、ポクポク進んでいると、またまたロードに戻る。この辺は漁村の雰囲気。地元の方の応援が嬉しい。するとおばあちゃんが私に一言、「激沈上等、さっき通ったよ!」と教えてくれた。「ありがとうございます!あれ息子です!!」と返答。そうか、順調なんだ、良かった。父はもう限界近いけど。

心があったまって、よしもう一息だ頑張ろうと思った直後、前方にはまさかの長い上りの階段が目に飛び込んできた。あぁ、この後に及んで階段とは。走るなんて無理。以前にトレランマスターのメテオデさんに教えてもらった膝に手を添えて登る方法で一歩一歩進み、なんとかかんとか頂上へ着。

後は下りきりさえすればほぼフラット。漁港を駆け抜け、ラストはまた砂浜。太腿がキツイところだが、歩くと見通しが良いのでゴール付近から丸見え。恥ずかしいから、頑張るしかない(笑)。

やっとこさゴール手前100mくらいにいる妻を確認。と、横には既に"するもん汁"を食べている息子もいる。やはりかなり差がついたようだ。その時妻から「(息子)、優勝したよ!」と聞かされる。


マジか!(◎_◎;)


結果、

息子: 31:16(総合9位、小学生の部優勝)

おっと: 36:12(総合25位)

※参考: 出走者88名



-----
「わかってねえな~、俺がブレーキ掛けてるおかげで、息子は前半抑えめに行けてるからこそ、そこそこの好結果なんだよ。...多分。」
-----


わかってねえのは父でした。

父がブレーキそのものでした。

息子が1人で走った方が好成績でした。


惨敗です(;´Д`A。


息子よ、これに懲りずにまた一緒に走ろうねw。


レース後、温かい"するもん汁"←絶品!をご馳走になり、しばらくグロッキー状態でいたところ、遠くの方から一人ゴール方向へ近づいて来るのが見えた。あっ、あのシルエットは鏑木さん!

レース前は行列になっていたので躊躇したけど、よし今こそチャンス。一緒に写真撮って貰おう。

急いで羽織っていたウインドブレーカを脱ぎ、鏑木さんに声をお掛けしてお願いすると、ニコッと快諾していただけました。お疲れであろう中、ありがとうございます。



つい息子を真ん中にするの忘れたw。そして鏑木さんの方が前位置なのに、髪がない私の顔のデカさが推定1.4倍はあろうかと(笑)。いや、俺の顔もデカイですけど、鏑木さんも小顔なのです。


鏑木さん:「激沈上等ってチームかなんかですか?」

おっと: 「ブログで繋がっている仲間のチームみたいなものです!」


キミ兄さんすみません、舞い上がっている私には、これが精一杯の説明でした(^^;;。



最後は表彰式。





これもテレビに映ると良い記念になるんだけどな、と。


総括。

10マイルと5kmの出場選手合わせても1000名もいないレース。なんというかアットホームで運営もスムーズなので、温かみに溢れたストレスフリーな大会でした。砂浜や坂道等、マラソンのトレーニングにも役立つかと思いますので、皆さん来年出場ご検討如何でしょう?

そうそう、鏑木さんファンの方には間違いなくお勧めですよ。10マイルの方でも一緒に走られていたとのことで、結局2周分(20マイル)くらい走ったと話されてました。前日50km走ったとも言っていたので、もう凄すぎです(^^;;。






※当日の様子はオフィシャルページのフォトレポートで公開されていますのでご参考まで。
スポンサーサイト
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

おんじゅくオーシャントレイル5kmで息子と勝負してきた

2017年 02月08日 00:16 (水)

今年度、息子が5年生になってから出走した2度の親子レースでは、スタート早々に「ちょ、ちょっと待って!」と私がブレーキを掛けてしまっていた。そのことを息子から聞いた妻からは、"戦犯"とか"足引っ張り過ぎ"とか"フルマラソン走ってるのになにこの体たらく"とか、まあ散々な扱いなのだ。(僅かに脚色あり)


とは言いつつも、自分的には、

「わかってねえな~、俺がブレーキ掛けてるおかげで、息子は前半抑えめに行けてるからこそ、そこそこの好結果なんだよ。...多分。」

と感じている部分もあった。いやうそ、そう思いこむようにしていた(笑)。


いつかそれを証明してやろうと画策していたのだが、先月初めにランネットでちょうど良いレースを見つけた。

第5回イセエビカップおんじゅくオーシャントレイル

メインは10マイルのレースだが、ビギナー向けに5kmが設定されており、小学生もエントリーできるのがポイント。過去のレポ等を見る限り、砂浜とロードが主であり、トレイルも危険な箇所はなさそうだ。しかも父・息子それぞれのエントリーなので、親子マラソンのように手を繋いで一緒にゴールする必要もない。

しめしめ。

5kmならまだ父が威厳を保てるだろうよ。ここは名誉挽回のまたとないチャンスだ!ちょっと大人気ないけど、息子にちょいと差を付けてゴールしてやろう。
よっしゃよっしゃ、と息子を誘ってみたところ、当初は難色を示していた。

息子:「5kmって小学生走る距離じゃないし!長い!」

おっと:「まあたしかにな。でも途中山道なったりトンネル(隧道)抜けたり冒険的で楽しそうだし、そもそも勝負ってよりレースを楽しもうぜ!しかもあの"神の領域"の鏑木さんに会えるんだぞ!!←以前に一緒にNHKスペシャル見て感動した」

息子:「うーん...」


エントリー決定(笑)。




で、当日を迎える。



こんな感じのスタートゲート。

町長の号砲で最前列あたりからスタートするも、な、なんなんだ砂浜!全然前に進まんやん。


(実際の砂浜)

私、体重が重いせいか、足が砂に沈みとにかく前に進めない。周りのペースに合わせて走っているとkm5:30くらいなのだが、既に砂浜からロードに出る1kmあたりのところでは、ヒーハーヒーハー呼吸が乱れまくり´д` ;。ふと顔を上げてみると、息子は遥か150mは先に息子の姿を確認。ちなみにこのレース中に彼の姿を見た最後だった(笑)。

よし、切り替えてロードだ、と呼吸を落ち着けようと思ったのもつかの間、まもなくして今度は急坂が登場。ひえーっ。なんとか前のランナーについて行こうと頑張るも、砂浜で乱れまくった直後の心肺にkm5:00の上り坂はキツすぎる。またもや荒れまくる呼吸でまだ2km程度なのに虫の息となる。もうレース前の目論見など何処へやら。ダメだぁ、ジョグにしようかな。なんて思ってたところに突然、

「激沈上等!」

と背後から声が掛かった。

ビクリとして振り向くと、な、なんとレジェンド鏑木さんが走って近づいて来られる!!

ただでさえ虫の息だったのに、更に驚きと歓びに取り乱し、二言三言お話させていただいたのに覚えていない(^^;;。ただ、颯爽と急坂を駆け上っていく姿を眺めて、あれ前日がガチで50km走った(facebook情報)動きかよ...、と驚愕したことだけは記憶しています(^^)。





長くなったので後半へつづく ↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

KASHIWAマラソン親子の部結果

2016年 11月13日 16:10 (日)



KASHIWAマラソン親子(高学年の部)走ってきました。約850mを3周です。


結果どん。



出だし500mで息子に泣き言入れてしまいました(T_T)。だってkm4分切ってるし無理無理。その後終始息子の背中を見つつ、「ちょ、ちょっと速い...」を繰り返すこと数度、ヒーハーゼーゼー足を引っ張りつつもなんとか共にゴール。その後しばらく"えづき"が止まりませんでした(´Д` )。


帰宅後、GPSウオッチの記録から平均ペースを算出してみたところ、



頑張ったよね⁈

我が家じゃ戦犯扱いなので、皆さんの心の中で「頑張ったね♡」と褒めて下さい(笑)。 ↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【今更】きょなんヒルズマラソン親子3kmレポ等

2016年 06月08日 16:21 (水)

おひさしぶりでございます。


久々に自分のブログを見てみると、



とうとうこいつが出ちゃってました。
ブログ始めて4年目にして初な筈です。


3月にはなももマラソンが終わって自分的オフシーズンに突入して以降、全然走れていないのは例年通りってことで。


更に今年は、自治会の班長だったり、上の子が受験生だったり、下の子の習い事の引率が多くなったり、肩凝りが年々酷くなってきていたり、抜け毛のほとんどがコシがなく弱々しかったり、反面眉毛だけはやけに力強くなってきていたり(村山元首相like)、そもそもなぜ頭髪は残り少なくなる一方なのに体毛は濃くなるのかってことに憤慨したり、、、、あっ取り乱してしまいましたね。



まあそんなこんなで心そぞろな情況ではありますが、あくまでもマイペースで走り続けよう(=ブログを書き続けよう)と思っておりますので、引き続きどうぞ宜しくお願いします。




さてさて先日。


きょなんヒルズマラソンの親子3kmへ出走してきました。


こちらへは3年連続3度目の挑戦。

アップダウンのキツさが特徴なこのコース。息子が3年生の時に初めて挑み、2度目の昨年は14:31で5位に入賞できました。その時は辛うじて私が引っ張ったのですが、今年はちょっと、ね。




息子、ただいま成長真っ盛り。

2月に本格的な陸上クラブに入部して以降、この3月の大会で3kmを12:29で走り切り、きょなん直前の1000m走では3:41を記録。マジかよ。


対照的に父は、3月のはなもも以降ダラけにダラけ、体重もTEAM75をはるかにオーバーの78kg近くを記録。



さすがにこのまま3km全力走はヤバいってことで、1週間前から慌てて走り出して急拵え。とりあえず1kmなら4:30で走れるようになったぞっ☆、ってそれじゃダメでしょ。




当日。

先に息子へ「ゴメン」と謝っておく(笑)。


スタート。


昨年の東京マラソンで"ランニングポリス"を担当された元箱根ランナーの郷間選手を先導に57組の親子が一斉ダッシュ。


ちらっと時計のペースを見る。


3:17


あぁ、こりゃあ死んだわ。


直ぐにペースを落とすも4:10くらいで推移。


だからまずいって。



更に落とすも、ついつい前掛かりになる息子と付いていく私。なかなかペースが落ちない。気づくと前方にランシャツランパン本格派の親子が3組。付いて行ける筈がない。



1km通過は4:17。


既に私、水面の鯉よろしくアップアップ状態。


なんとか坂上の折り返し地点(1.5km)まで辿りつくも、もはやいっぱいいっぱい。


横の余裕な息子へ、


「ご、ゴメン無理ぃ、ちょっと落としてぇぇ...」


その時、急にちょうど1年前の会話が蘇る。


バテて涙目になっている息子へ、


「気持ちだ気持ち。まだまだ行けるだろ!根性!!」


...息子よ、悪かったな。
昨年の私を罵倒したいww。



上がってしまった心拍数はもう取り返しがつかないことがいま理解できたよ。だってもはや歩きたい気持ちでいっぱいだもの。にんげんだもの。


2km通過、4:40。


更に落ちるペース。

反面、息子は私設エイドでもらったチョコを食べるほど余裕だ。


なんてこった。


この辺りで1組の親子に抜かれる。


現在5位。

あぁ、昨年と同順だ。
これ以上は落とせない。

意地でも維持だ。




でも更に落ちていくスピード。

痺れる腕。
酸素の供給が全く追いついていないのだ。5:30まで落ちてしまった。


情けない。



なんとか最後のコーナーを回ったところで、妻の姿を見つける。


「後ろ、抜かれるよ!」


うわっー、ヤバい。

最後必死にもがきにもがいて、、なんとかそのままゴール。


タイム 14:01


昨年より30秒更新も同順の5位。


あー、息子だけならきっと4位は行けた。情けない父だ。




(カズさん撮影ありがとうございます)



兎にも角にも、今年も青山さんから賞状をいただくことができました。


そして今年は副賞として、アジの干物5尾をいただきました。これがまたびっくりするほど美味!!おかげでその夜ビールを補給し過ぎたのは言うまでもありません。



------------------------
決意表明。

来年は息子が6年生なので最後の参戦となりますが、ちょっと私気合入れますよ。目標3位。ちなみに今年の3位が12:16。アップダウンもあってのこのタイムなので、TTなら12分は切りたいところだ...っっっって12分だと?km4じゃん!!んーっ、無理無理。



お速いラン友の皆さま、お会いした時にはぜひ今後のアドバイスのほど宜しくお願いします!






かまかまさん(年代別1位おめでとうございます!)、カズさん、会場にてお会いできて嬉しかったです。

また来年もお会いしましょう(^o^)/。

↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

X-run CHIBA 2016【ファミリー1km 】走ってきました

2016年 02月14日 16:14 (日)




いや~、キツイ。


もう最後はヘロヘロになってゴールしました。マジで危うくマーライオンになるところだった。


タイムだけみると、クロカンとはいえ1kmならばもう少し速く走れそうな筈なのですが、


・足元がツルツルぐしょぐしょ


・昨日の25km走の疲れ


・強風


そして最大の理由は、


・周りの親子のレベルの高さ


に潰されました(笑)。


後で時計を確認すると、MAXペースはなんと km3:30(゚д゚lll)。←驚くことになんと1位ペアのタイムは3:33。そのままのペースで走りきったようです。子も凄いけどパパが凄い!!


多分スタート直後だと思われますが、それでも後方位置だったので、焦ってしまった結果が息絶え絶え。あっ、ちなみに12位と順位は良さげに見えますが、実は出場親子は15組しかいませんでした...。


現在は帰宅してコタツ虫状態。


たった1kmでも疲れきってしまっており、とてもじゃないけど走る気起きず。
対照的に息子は近所の子と賑やかに外で遊んでいる様子。


父は完敗じゃ(笑)。


そうそう、会場到着時は暴風雨だったので、1枚も写真を撮らず。ズブ濡れになってテンションダダ下がりでしたが、スタート時は奇跡的に小雨になって助かりました。


10時前に会場を離れる(←早過ぎ)間際、たまたま、いや若潮に続いてまたまたトヨチンさんと遭遇。「濡れねずみ」ならぬ「濡れパンダ」状態での激走、お疲れさまでした~(^o^)/。 ↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。