01月 « 2016年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

館山若潮マラソンレポ 前編

2016年 02月02日 23:32 (火)

IMG_2180.jpg



さなやーんさんからお土産でいただいたピーナッツ。

うんまいです!!
ビールに合う~!

これがかのピーソフの原料になるピーナッツでしょうか?
美味しいはずです(・∀・)。

あらためまして、ごちそうさまでした。




撃沈若潮レポ、はじめます。

まあ、撃沈とか言っちゃてますが、ある意味当然の結果でもあることに気づきました。

先日も書きましたが、

・レース前13日間で走った距離:10km

これが原因のよう言いましたが、それ以前に昨年の3月にサブ4を達成して以降の10ヶ月間で、

・2015年 3月 91.4km(フルマラソン1回を含む)
・2015年 4月 51.1km
・2015年 5月 65.9km
・2015年 6月 67.5km
・2015年 7月 95.2km
・2015年11月 72.4km(フルマラソン1回を含む)

月間走行距離が100kmいかない月がなんと6回(;'∀')。
これじゃあ、撃沈もなにも元々走ることが苦手な私にとっては、至極当然であることに気づいてしまいました。

走ってないので、最近は体重だって75kg以下を記録することがまずない。←サブ4の時は72kg台

1月に入って慌てて走ったところで、走力もダイエットも間に合う筈もなく、自分的には

「撃沈したぁぁ」

なんて言ってましたが、

「あぁ、やっぱり予想通り。」

ってのが本質でした。


レースを走ってみて、フルマラソン6レース目にて最短の21kmで脚が終わる。
以降は楽しみよりも苦しみの方がはるかに強くて、温かい応援やエイドの方々にも上手に笑顔で返すことができず。
素晴らしい景色も堪能できず。

やはりめいっぱい愉しむにはしっかり準備することが必要だと、あらためて感じた次第です。








さて当日。

同行のメテオデさんが、臨時特急の席を抑えてくれたので安心安心。
5:30過ぎに家を出て津田沼駅で待ち合わせ。
6:27発の電車にていざ館山へ。

IMG_2186.jpg

ちょ、事件です。

この写真、自動で目の部分にサングラスが合成されるアプリを使用しているのですが、
私の目が細すぎたて目と認識されず(^^;)。

そして早朝からデコ光過ぎ。

遠近感があるとはいえ、メテオデさんと顔の大きさ違い過ぎ。



ほぼ満席ながら無言の車内の中、朝からガールズバーはなももの話で湧く私達(笑)。



8:17館山着。
シャトルバスが運行していたけど、会場までは2km程度とのことなので、歩いて向かうことに。

程なくして会場着。
さて受付ブースへと向かいだして、ほとんど混雑していないことに気づく。
いや、人は多いけど驚くほど導線が良いのだ。
これがランネットでの評点92点の大会なのだ!、とその素晴らしさに感動。

受付を終えて広場にマットを敷く。
今日は基本2人なので控え目小所帯。

少し並んでトイレに行き、その後荷物を預けると、おっ時間だ。
メテオデさんと共にスタートの列へ向かう。

列へ着くと、もうすでに予想タイムのプラカードが引き上げられていて、どこに並べばよいかわからない状態だった。

「この辺で良いっすかね?」

とか話しながら歩いていると、赤いTシャツにぼんぼりのついた帽子。
お~、これはもしやとTシャツの背を見ると、間違いない!

おっさんランナーさん、ですか?」

とお声がけしたところ、ご本人でした\(-o-)/。

私もキャップを取って、自慢のデコをご開帳し、

「おっとです!」

とアピール。

その後、舞い上がり過ぎて何を話したかよく覚えてませんが、ほんのつかの間の楽しい時間でした。

お互い健走を誓い合い、メテオデさんと列の中ほどへ。




号砲が鳴った。

ぞろぞろとスタート。

start.jpg

(メテオデさん、お借りしました。)


1km過ぎでメテオデさんがkm5分にギアチェンジされて前方へ。

「では4時間後!」

いやはや結局全然4時間で戻れなかったけど。




大きな混雑もなく、程なくしてkm5:30で走れるようになりました。

1 5:53
2 5:29
3 5:28
4 5:30
5 5:37

5kmあたり、短いながらもほぼ唯一のすれ違い区間。

先行されたメテオデさんとエール交換。

カズさん、さなやーんさんを探すも見つからず。

折り返してまもなくして、おー反対側のパンダ(の被り物)はもしや、

「トヨチンさーん!

と条件反射的に叫んでしまいました。

お会いしたこともコメントを交わしたこともなく、ただブログを拝見していたのみなので、きっと困惑させてしまったかと思われます。
この場を借りてお詫び申し上げますm(__)m。

6 5:26
7 5:32
8 5:28
9 5:20
10 5:20

その後ポクポク走ってると、なんか前方が賑やかだぞ。

なんだなんだ?とよく見てみると、美しいランニングフォームの後ろ姿。

そのゼッケンにはなんと、

〔金 哲彦〕

おぉ、憧れの金さん。

「金哲彦のランニング・メソッド 」

はランニングで初めて買った本。

なま金さんを前にぜひお声がけしたかったけど、ちょうど他のランナーにインタビューしていたので、
そのまま先行することにしました。



まだまだこの時は調子良く、ちょっと汗は多いような気がするけど行ける行けると前向きでした。

そんな時、ふと横を見ると、おー、先程見かけたパンダが軽快に走っていました。


「トヨチンさん、はじめまして。おっとと申します!!」






続く
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村