07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

つくば初フルレボ その2 ~○意との戦い~

2013年 11月26日 19:29 (火)

~つづき
IMG_53888.jpg



スタート後まもなく、つい先程ブログ村陣地へ激励に駆け付けてくれたショッカー(kantokuさん)が大声で応援されていた。先述したが私のスタートゲートはH、速いランナーにも遅いランナーにも分け隔てなく、全てのランナーを応援される姿に、なにか熱いものが込み上げてくる。有難うございます。

しばらく混雑はしていたが、まあ出だしはゆっくり進もう。たまに空を見上げて、銀杏が黄色に染まって青空とのコントラストが実に美しいな、なんて余裕ぶっかましてたのは束の間。早速身体に異変が。2kmほど進んだあたりでまさかの尿意です。

えっ...、スタート直前に済ませたばかりなのに。昨日カフェインも抜いたのに。そもそも普段の20km走でもまず催すことないのに。それが2kmでなんて。どんどん尿意は強くなる一方、これは後あとのことを考えると、トイレインする選択しかありませんでした。しかし、たしか3~4km辺りのトイレはあろうことか行列(>_<)。私だけではなかったんですね。泣く泣くパスし、我慢、しばらく進むと5km過ぎあたりで見えました、仮設トイレの神々しい後ろ姿を。8人位並んでいましたが、スムーズに進んでやっと解放。今考えてもよく解らないのですが、朝から水分もそんなに取らず、レース直前にも済ませたはずなのに、全くなんだったのでしょう?以前友人に「初フルは全く想定外なことが起きる覚悟をした方が良いよ。」と脅されましたが、早くも洗礼を浴びました。ちなみに尿意にはこの後も悩まさられ続けます。

それと想定外なことがもう一つ、左脛の痺れ。今迄全くトラブルがなかった箇所の異変には少し動揺しました。が、程なくして回復。これもなんだったのでしょうか。

15kmまでは順調そのもの。
そうそう、13km地点で先頭ランナーとすれ違ったのには驚きました。たしか折り返しは20km過ぎだったはずだから、もう14km以上も離されてるのか~、いやいや14kmって現時点で周回遅れみたいなもんじゃん!
これってテレビでマラソン中継見てても絶対伝わらない部分だよな、それだけでも今回挑戦したのって意義があったな、なんてとりとめのない思考連鎖。まあ、まだまだこの辺りは頭の回転も良かったです。はい。

しかしながら、すれ違う人数が多くなってきた15km以降、いつのまにかペースが上がってしまってました。予定では、絶対に1km6分切らないぞ、と決めていたはずですが、対面に集中し過ぎて自分のペースを見失っていました。おかげで石原良純さんはお見かけすることができました。ちゃららさんも快調に飛ばされていました。でも今振り返ると、このペースUPが痛かった。

中間地点を過ぎて、だいぶ疲れは蓄積されてきたけどまだ大丈夫!って自分に言い聞かせる。そしてそろそろ、持参してきたパワーバーを摂る時が来たー、ってことでウェストポーチから出たとこ勝負で3パックのうちの一つを引っ張り出すと、

梅!

これは楽しみ。
それはそうと、実はパワーバーを食すのは今回が初めて。恥ずかしながら高価だったので試飲はせずに本番一発勝負に賭けました。とはいいつつ、やはり不安でしたので、事前に大田原で携帯されるのをブログで予告されていたHalloweenさんに質問しアドバイスしてもらった通り、給水目印が見えてから開封し、口に流し込むと、、、

んじゃこりゃ!(◎_◎;)

このネロッとした食感。

甘ったる~~

全くの想定外。
想像していたのは、ウィダーインゼリー風。いやいや、振れ幅が大き過ぎる。
自分的に、給水手前じゃないと悶絶OUTでした。Halloweenさん、教えていただいて有難うございました。
給水でしっかりと流し込みます。

なんとなく足取りも軽くなったのも束の間、24km辺りでまたもやってきてしまいました、尿意が...。もうね、半ば諦め、すぐに直近のトイレに駆け込みました。この辺りだと待たずにIN。しかしながら、たいした水分も取ってないし、日差しが強くて暑く、汗もかなり出ているはずなのに...。なぜだー?

再スタートしてまもなくすると、あれっ、脚が重い、さっきまでと全然違う、と不安な身体の声を聞く。30kmまでは数回経験してるので、まだ大丈夫、まだ大丈夫と唱える。

ペースは落ちたが、なんとかかんとか走り続け、たしか29km付近のお汁粉エイドで二つ目のパワーバー、バナナを注入後、水で流し込んでる時に、後方から「チーム75の方ですか?」と声がした。声を掛けられることを全く想定してなかったので、驚いて振り向くと、同じ75Tを着用され、朝陣地でお見かけした美ジョガーさんがいらっしゃいました。残念ながらリタイアされるとのこと、そんなお辛い際に「頑張って下さい。」と明るく声をお掛け下さったいっちさんの優しさに、元気をもらいました。有難うございました。

そしてここからは未知の距離、30km以降です。
行けども行けども減らない残距離と果てしない苦痛との戦いが始まりました。


つづく
スポンサーサイト
↓↓↓↓↓ ランキングに参加しております。クリックにご協力を! ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2013年11月26日 22:10

初フルお疲れ様でした
つくばは折返しのハイタッチとか楽しめてマラソンのつらさを忘れさせてくれるコース設定が好きなんです

11月にしては暑かったんじゃないですか?
脱水とか大丈夫でした?

タイムも素晴らしいですよ
ちなみにボクの初フルも同じくらいです

カフェインを抜くのはもう少し前からのほうがいいみたいですよ
ボクはショッカーのために1週間前から大好きな珈琲を我慢しました・・・・
ウソです・・・・大田原のために1週間カフェイン断ちをし、ついでなのでつくばまで我慢しました

初フルの疲労は大変なものだと思います
しっかり休んで下さいね

またお会いしましょう

No title

2013年11月26日 22:57

以前、フルの途中でトイレに行きたくなって、
前に進むか戻るか、真剣に悩みました。
絶対に戻った方がトイレが近かったんです。
ガマンして前進しましたけど。
ほんと、何が起こるか分かりません。

Re: No title

2013年11月27日 06:44

kantokuさん

いや〜、あらためまして有難うございました。
あの折り返しですれ違ってる間は、気が紛れるし仲間の頑張ってる姿を見て、自分も頑張らなきゃって思えて良かったです。知らず知らずのペースアップさえ気をつければ笑。
kantokuさんの初フルと同様な記録というのはすごい励みになります。自分にも大田原出走の可能性があるかな⁈
カフェインも一日前は所詮付け焼き刃だったようですね。アルコールやタバコに比べて珈琲を抜くのはワケないと思ってたんですが、意外と難しいσ(^_^;)。ショッカーのドトールとか見てみたい(爆)。
今後何処かでお会い出来るのを楽しみにしてます。



Re: No title

2013年11月27日 06:54

iwatobiさん

トイレ問題、自分だけではなかったんですね(^_^;)。すいません、ホッとしてしまいました。
つくばでは事前に結構な頻度でトイレがあるのを確認出来ていたので、「少し進むとあるだろう。」と考えて、実際にあったので良かったです。例えば、トイレが比較的少なかったり、火急!(◎_◎;)の時は、戻るのも選択肢の一つでしょうけど、、後のことを考えると身体的にも精神的にもなかなか辛いですね〜。
今後は、しっかり対策して挑みます!



2013年11月27日 18:19

遅くなりましたが、初フル完走おめでとうございます(^ ^)
いや〜、初フルでサブ5はスゴいですよ!
私の初フルは5時間半くらいでしたね〜。
33km以降はずっと歩いてたのを今でも覚えてますよ(^^;;

大田原では今まで一度も痛みを感じた事がなかったヒザ外側に痛みが出てビビりました。
すぐ痛みは消えてくれたんですけどね。
たぶん本番の緊張感とか興奮とかで練習とは微妙にフォームが違ってるのかもしれませんね。
本番では何が起きるか分からないですが、それも含めて楽しめれば良いですね。

パワーバーはお役に立てたようで良かったです!

Re: タイトルなし

2013年11月27日 23:02

helloweenさん

ありがとうございます!
正直ちょっと驚きです。helloweenさんは、走り始めた当初から速かったんだろうなと勝手に想像してました。
そこから努力されてのサブ3、ますます尊敬です。
なるほど、本番の緊張感は何度も経験されている方でも感じられるんですね。今回書きませんでしたが、特にトラブルではないのですが、「靴下の継ぎ目」がやたら気になった時間がありました。自分も楽しもう。
個人的にパワーバーはグリーンアップルの味が好みでした笑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。